健康福祉と
エンターテインメント
弊社は健康福祉とエンターテインメントのコラボレーションをテーマに、生きる喜びへとつながるコンテンツを制作いたします。健康福祉とエンターテインメントはお互いに重要な要素であると考えます。
TOPICS

2015-04-07
平成27年 第7回元気!健康!フェア in とうほく 出展の様子をアップしました。詳細は こちら
2015-04-04,05
平成27年 第7回元気!健康!フェア in とうほくに「Kinect」を使用した、高齢者向けの運動促進テレビゲーム「MOBO」を出展いたします。
2015-02-17
介護老人保健施設リーブズ様のスタッフ様ブログに弊社コンテンツを掲載していただきました。
2014-08末
事務所を仙台フィンランド健康福祉センター 研究開発館内に移転しました。
仙台フィンランド健康福祉センターでは、高齢者の自立した生活を実現するために、フィンランドと日本の企業・大学が行うサービス・機器の開発支援を行う施設・団体です。
建物の中にはフィンランド家具が使用されており、当ページに掲載させていただいている画像は家具の一部を撮影したものです。
2014-07-22
公益財団法人仙台市産業振興事業団様より、平成26年度健康福祉サービス・製品に関するビジネス開発委託事業を受託しました。
コントローラーを必要としないテレビゲームの開発とリハビリテーションとの融合
「Kinect」を使用した、高齢者向けの運動促進テレビゲームを開発しています。
手に持つコントローラやボタン操作が不要なため、簡単に参加でき、体感的にゲームを遊んで頂くことができます。
ゲームとしての娯楽性、体を動かすことによる運動、ゲームをうまく進めるための思考要素、これらを同時に満たすことができます。
体の自由度や認識力が様々な高齢者の方に適するよう、特に画面レイアウトの簡素化、ゲーム難易度や必要とされる運動量の調整に注力しています。
ゲーム成績の記録やランキング表示など、達成感を感じてもらいより意欲的に遊んで頂けるような仕組みを盛り込みます。
このゲームを利用者さん・施設スタッフの皆さんで一緒に遊んで頂き、コミュニケーションツールとしても役立てられるようなゲーム作りを目指しています。

またゲーム種類は定期的に追加予定ですので、施設レクリエーションの準備作業の軽減にも貢献できるのではと考えています。

将来的には通信を利用することで、他の場所にある施設とのランキング競争、さらにはゲーム大会の開催なども可能になります。
練習の成果を披露する場として、また施設間の交流の機会として、これまでにない新しい楽しみを提供します。
「Kinect」とは?
マイクロソフトが開発した、人間の動きを認識するカメラセンサーのことです。
人体を20か所の関節で認識し、各関節の動きをリアルタイムでデータとして取り込むことが可能です。
元々は家庭用ゲーム機向けに開発されたものですが、その応用性の高さから、ゲームのみならず医療・福祉他、多様な分野で注目され始めています。
ABOUT
商号
株式会社フォーネクスト
設立
平成25年2月5日
代表者
代表取締役 亀谷充
所在地
〒983-0852
宮城県仙台市宮城野区榴岡4‐5‐22 宮城野センタービル4F
事業内容
健康福祉にかかわるコンテンツの企画・開発・販売
スマートフォン向けゲームコンテンツ(Web/ネイティブ)の企画・開発・運営